中学受験の基礎知識とメリットを把握しておこう

基礎を理解して受験に臨む

勉学

中学受験に向けて知っておきたいこと

中学受験をするにあたり、まずは知っておいてほしい基礎的な知識をまとめました。意外と知らない人も多いのできちんと理解した上で対策するようにしましょう。

中学を受験するのは全体の20%未満

中学を受験する人は全体の17%ほどしかいません。小学生の頃から塾に入れて受験のために勉強させるのはどうなの?と思う人が多いようです。ただ逆に受験しない人との差を一気に広げるチャンスとも捉えることができますね。

チャンスは一度きり

高校受験や大学受験はいくらでもチャンスがありますが中学受験に挑戦できるのは人生で一度きりです。後悔しても後からはどうすることもできないということを理解しておく必要があります。

何校でも受けられる

中学受験は受験のチャンスが一度しかないため何校でも受けることができます。いくつか受けてみて合格した学校の中から実際に通う学校を選ぶことができるというわけです。

中学を受験することのメリットとは

スタートで他の子と差をつけられる

中学受験をする人は全体の17%ほどだと言われています。つまり中学受験に挑戦するということはその17%の中に入り、残りの80%近くの子に一気に差をつけることができるチャンスでもあると言えます。

高校受験が必要ない

中高一貫校の場合高校受験は必要ないので、高校受験のための時間や対策が必要ありません。中学受験では学校の成績は関係ないといったところが多いのでその点を考えると早めに受験を済ませてしまうのはいいことだと言えますね。

じっくりと大学受験対策ができる

私立の中高一貫校では6年で学ぶことを5年に圧縮して学び、最後の一年間は大学受験対策に費やすことがほとんどです。一年間じっくりと対策することで合格する可能性を飛躍的にあげることができます。

小さい頃に受験を経験させられる

遊びざかりの小さい頃に受験させるのは過酷かもしれません。しかし、その時期に受験を経験させ目標に向かって頑張ることをわからせてあげることでいい影響も与えることができます。

周りの子たちの意識が高い

中学受験に挑戦する子やその親は勉強熱心で教育に対する意識が高いので、そういった子供たちと一緒に学んで生活していくことで周りに影響を受け勉強への意識がアップしていきます。